Sportster Tips

HOME > Tips -Sportster > 883R仕様とXL883R

Tips -Sportster

883R仕様とXL883R

XL883R

“883R”と言うと今やダブルディスク+黒エンジンの[XL883R]を指すようになりましたが、2002年にハーレーダビッドソンよりレーシングカラーをまとった[XL883R]が登場するよりも前から、実は“883R”は存在しました。

883R仕様

それはメーカーが用意する新車のラインアップではなく、XL883のワンメイクレースなどで走るカップレーサーや、それらを模したカスタムを指して“883R仕様”などと呼び、また“883R”の名は90年代のアクセサリー・カタログ上では[Screamin' Eagle]ブランドの中に見つける事が出来ました。

883R仕様

トラッカーシートは[883R テールセクション]と呼ばれ、ワークスXR750のペイントをモチーフにしたタンクデカールには[883R]のロゴが描かれていました。
このタンクデカールの人気が高く、レーサーやレーサーっぽく弄ったスポーツスターを“883R仕様”と呼ぶようになったのです。

XL883R

そう言った「走り系カスタム」が人気となった日欧のマーケットを狙い登場したのが「XL883R」でしょうか。
ブラックアウトされたエンジンにフロントにはダブルディスクのブレーキを装備、ワイドなハンドル(XRバー)が採用され、タンクにはかつてのタンクデカールをアレンジしたペイントが生かされています。
初登場となった2002年モデルでは(バンス&ハイズ製と言われる)2into1のエキゾーストが標準で装備され、現行モデルよりも更にスペシャル色の強いモデルでした。
ちなみにアメリカ本国のHD市場ではスポーツスターの受け入れ方が違うためかXL883Rは人気が出ず、早々にラインナップから外されています。

XL883R

現在はよりホットなXR1200Xがラインナップされていますが「スポーツスターならではの走り」を求める向きにはこのXL883Rがベストチョイスでしょう。
また、近年はスタンダードのXL883が販売されておらずスポーツスター・ファミリーもローダウン・モデルが主体となってきました。
XL883Rは従来のXL883に替わるスタンダードな883としての役割も持たされています。
“R”は元々はRacingをイメージした文字だと思われますが、ヨーロッパや中国などではXL883Rは現在「883Roadster」として販売されています。

[883r.jp] の883R

余談になりますが、弊社の[883R]とは“883R仕様”をイメージしたネーミングです。
[883]はスポーツスターを、[R]は取り扱うパーツの方向性を表してもいます。
屋号として英数字は登録できない事もありカナ表記は[パパサンアール]としていますが、ハーレーダビッドソン社の“商標ではない”という部分も考慮しての選択です。

[2009/10/05][2011/07/25 Update]

1234