ゲーミングチェアは座り仕事のお助け!でもそれが逆に問題に?

ゲーミングチェア、名前からすると軽い感じに聞こえてしまうかもしれません。

だってゲームやる人が使う椅子だろう、遊び用のチェアじゃないの、と言った感覚を持つ人はまだまだいます。

でもこれ、ゲームだけでなくデスクワークにも大変に役立ってくれる椅子なのです。

もちろん使用上の注意も、無いではありません。

ゲーミングチェアって要は

ゲーミングという名前はついていますが、簡単に言うと機能性チェアです。

人間工学に基づいて、座るという姿勢から発する身体の負担を軽減するように作られている椅子なのです。

なので、ゲーマーだけでなくデスクワーカーにも、使用者は増えています。

ゲーミングという名前から、結構派手な印象をいだきますし、デザインが派手ななのでオフィスでの使用はいささか難しいかもしれません。

しかし自宅でのデスクワーカーには充分に役立ってくれて助けになってくれるものです。

問題はと言うと、結構サイズが大きいことですね。

仕事場が狭いと、チェアだけで空間がなくなってしまうということもあるので、注意が必要です。

どんなふうに役立ってくれる

座っているときというのは、楽をしているようで実は立っている時よりも腰への負担が大きいのです。

立っている時には筋肉がそれなりに活動していますし、体重も足の裏などに分散されています。

しかし座っていると、体重は腰や坐骨に集中してきます。

早い話が、腰痛の元になるのです。

座り仕事の人の方に腰痛患者が多いのは、こうした原因からなのです。

また座っている時の姿勢が悪いと、この腰への負担に拍車をかけます。

こうした、特に腰への負担を軽減するように作られているのが、ゲーミングチェアなのです。

ランバーサポートや、背もたれのカーブ、座面の形やクッションで腰への負担を減らします。

またヘッドレストもありますので、背中への負担となる頭の重さも軽減ができるのです。

長時間の座り仕事やゲームにはこの椅子、本当におすすめなのです。

役立ちすぎて問題が起きることも

このように大変役立ってくれる、座っている時の腰や背骨への負担を軽減してくれるゲーミングチェアですが、それがデメリットとして働くこともあるのです。

長い時間座っていられることによるデメリット、簡単に上げていきましょう。

とにかく楽なので

普通の椅子に座っている時、クッションが足りなくてお尻が痛くなり、これはたまらんと立ち上がって伸びをすることありますね。

また腰が痛くなってきたので、ちょと身体を捻ってストレッチ、などということもあります。

人間、何か痛みを感じたらそれを緩和しようと身体を動かすものなのです。

しかしゲーミングチェアの場合、この負担が少なく楽に座っていられます。

結果、座り時間が長くなりすぎてしまうのです。

いくら負担を軽減していると言っても完全に無いわけではありません。

長すぎる時間座り続ければ、やはり腰への負担は後になってから結構来るものです。

楽すぎて立ち上がることを忘れないように、気をつけたいものですね。

実は結構筋肉が凝る

座っていると筋肉をあまり使わないので、緩んでくるような気がします。

もちろん同じ椅子でもソファに寝っ転がっていれば、確かに筋肉は緩みますし、長時間寝たままだと筋肉が弱ります。

ゲーミングチェアでも同じようなことが起きるような気がしますね。

何しろ身体を支えてくれる感じの椅子です。

リラックスして作業できるのが特徴です。

しかし時に、ゲーミングチェアに座り続けた場合、筋肉が凝ってしまうことがあるのです。

というのも、ゲーミングチェアの背もたれの部分、すっぽりと背中と頭が入り込んでしまいます。

気持ちよく支えてくれているのですが、逆を言うと可動域がないということにもなるのです。

動かずに済む、特に背中に問題ないように見えますが、可動域がない分結果として筋肉が凝ってしまうのです。

時間が長くなればそれだけ、背中や肩が凝ると言う結果も生まれるのです。

通気性の問題も

ゲーミングチェアの場合、表側の素材がビニールレザーであることが多いです。

この素材なら、言い方は悪いですが、結構安価に製造ができます。

一般的にデスクチェアよりも安いのが、ゲーミングチェアです。

素材などちょっとだけ、デスクチェアよりも安めにしてあるということもあるのです。

もちろん今のビニールレザーは、悪い品物ではありません。

昔と違って、見た目の高級感もあります。

しかし昔と同じ欠点は、その通気性の悪さです。

この通気性に関しては、メッシュ素材とかでない限り、どうしても付きまとう問題です。

長時間座ることによって汗もかきますし、それによって蒸れてくるのは当然です。

ビニールレザーだとそれを逃がすことが出来ないのです。

洗うことのできるクッションなどで、その欠点をカバーすることが必要ですね。

まとめ

ゲーミングチェアは何よりも、使用者の身体への負担を軽減してくれるように出来ています。

長時間の座り作業は、立ち仕事よりも身体に負担がかかります。

その負担を軽減してくれるのですが、完全になくすわけではない、長時間座っていればそれなりに負担を増えるということ、忘れずに使用して下さい。