ゲームだって種類は色々!ゲームのジャンルによってゲーミングチェアのおすすめも変わる?

長時間の座り作業、特に名前の通りゲームに特化して作られた椅子が、ゲーミングチェアです。

その使い勝手の良さから、今ではデスクワーカーにも人気が出ています。

しかしデスクワーカーと違ってゲームの場合、そのジャンルによってプレイ時の姿勢も変わるのです。

となると、ゲーミングチェアもそれなりのものを用意したいところですね。

ゲームのジャンルは様々

普段はゲームなんてしないと言う人の場合、いやゲームは座ってするものだし、だから椅子が必要なんだろうと言う認識ですね。

でもゲームには多くのジャンルがあるのです。

おなじみのRPJやシミュレーション、アクションゲームやレースゲームなど、本当に数多くのジャンルがあるのです。

特にゲーミングチェアを必要とするほど長時間ゲームをするゲーマーの場合は、少しでもプレイしやすく疲れにくい環境を作っておきたいですね。

なのでゲーミングチェアの使用する人が増えていっているのです。

しかしゲームというもの、同じ感覚で全てがプレイできるわけではありません。

例えば、のんびりとじっくりと育成するシミュレーションゲームと、1秒を争うようなレースゲームでは集中力にも違いが出てきます。

瞬発力が必要なレースゲームと、じっくり考えて効率よく進めるシミュレーションでは、姿勢も違ってくるのです。

またリズムゲームとアクションゲーム、同じ感覚で進められるように見えますが、やはりここでも微妙な差が出てきます。

自分のよくやるゲームジャンルに合わせて

一律にゲーミングチェアなら、ではなく自分の得意ジャンルのゲームに合わせて、ゲーミングチェアを選択することも必要です。

特にプロのゲーマーもしくは予備軍の場合、ここは見逃せないポイントです。

RPGやシミュレーションの場合

割とゆったりのんびり、でも結構頭は使うジャンルのゲームです。

なのでゲーミングチェアはバケットタイプのものがおすすめです。

ゆったりと身体をチェアに預けて、重い頭はヘッドレストに載せてゲームが出来ます。

瞬発力が必要とされるゲームジャンルではないので、ゲーミングチェアの機能をたっぷりと味わえます。

ゆったりとしていると背骨のS字カーブが崩れやすいのですが、ランバーサポートがあるので気持ちよく背骨が伸びた状態でゲームが出来ます。

特に長時間、いわゆるテレビゲーム、据え置き型ゲームをする人には、こうしたタイプのゲーミングチェアがおすすめです。

アクションやレースゲームの場合

コントローラーを振ったり、かなり自分の身体も無意識に動かしてしまうようなゲームの場合、同じゲーミングチェアでもアームレストの無いタイプがおすすめです。

取り外しできる場合は、外してゲームしたほうが良いですね。

というのも、夢中になっていて身体や腕をアームレストにぶつける危険性があるからです。

外側に開けるタイプのアームレスト装備のゲーミングチェアなら、開いた状態でのプレイがおすすめです。

同じレースゲームでの上級者の場合、それこそレースカーのバケットシートに座った感覚でゲームが出来ますのであまり危険はありません。

まだそのゲームに慣れないとか、そこまでプロになっていないという自覚が合った場合、アームレストはいささかじゃまになってしまいます。

パソコンゲームでキーボードやマウスを使用する場合

同じゲームでも据え置き型でなく、パソコン使用でのネットゲームをする人もは多いです。

この場合、キーボードやマウスを使っての操作がメインですので、アームレストはある意味必須です。

パソコンゲームの場合姿勢は前傾になることが多いですし、マウスやキーボード操作で腕を細かく動かします。

腕というものは結構重さがありますし、このために肩こりなど起こしやすいのです。

それを軽減させるために、アームレストに肘や腕を預けてのプレイがおすすめなのです。

できればアームレストの高さの微調整のできるものが良いですね。

ちなみにゲーミングチェアをデスクワークに使用している人も、アームレストにはこうした調整をしてみて下さい。

作業効率が上がります。

ゲームによってゲーミングチェアを変更は流石に

とは言っても、よほどのマニアでない限りゲームの種類によってチェアを変える、というのは非現実的です。

なので長時間プレイするゲームによって、ゲーミングチェアをある程度カスタマイズしていきたいですね。

カスタマイズと言っても、簡単なちょっとしたことだけです。

アームレストを外したり取り付けたり、上下の調整をしたりすることで、随分と変化があるものです。

またリクライニングの角度も、こまめに変化させたいですね。

パソコン前でのゲームと、据え置きタイプのゲーム機使用の時で、リクライニングの角度調節をしてみてください。

この時に同時に、ランバーサポートの位置調節もすると、腰痛緩和に更に役立ってくれます。

ちょっとしたカスタマイズでより快適にゲームができるのです。

まとめ

ゲームによってゲーミングチェアも変える、ゲーマーにとっては夢のような話です。

でもそこまでしなくても、ちょっとした調整やカスタマイズで、ゲームの作業効率も上がります。

身体への負担も軽減できます。

できるだけ自分の得意ジャンルに合わせてチェアを用意、その後こまめにカスタマイズして使用してみて下さい。