120kgの私が座っても耐えられるゲーミングチェア!?

この記事をご覧のあなたは「ゲーミングチェア」と呼ばれる椅子をご存じでしょうか。

普通のPC作業するための椅子とは違い、結構高価であることが多いです。

ですが、長いことゲームのプレイに熱中している方にはうってつけのため、とても楽に座っていられるので、是非この記事をご覧になってゲーミングチェアの購入を検討してみてください。

知ってしまったきっかけ

身体が大きいんです

普通の椅子だと私には小さいことがほとんどです。

なぜこんな話を急にするかというと、私は身長170cmにして体重120kgの超巨漢だからなのです。

そして、実際に実家にあった古いオフィスチェアを壊して、肘掛けを外してしまったのです。

そんな私も自立して独り暮らしをするようになると、以前から貯めていたお金で、かねてより友人達から誘われていたゲームができるようなPCを買いました。

それに併せて、椅子も何にしようか検討していたのです。

大会で選手達が御用達の椅子

そんな時に、そのゲームの大会を見ていたら、選手達がゲーミングチェアを使っているところを見たのです。

最初は(すごいスタイリッシュで、スポーツカーの椅子みたい!)と見た目が派手な椅子だと思っていました。

少し欲しかったので調べていたら、ゲーミングチェアの中でもDXRACERやAK Racingというブランドがあることを知りました。

私の大きい身体に応えてくれる製品

ですが、ネックなのは私の大きい身体です。

絢爛豪華な社長椅子と比べたら安いですが、私にとっては高い買い物だったので、中途半端な安物を買って簡単に壊してしまうことはしたくなかったのです。

そんな悩みを抱えながら、各ブランドの製品について詳細なスペックを見ていると、見事に身体が大きい人のためのゲーミングチェアを扱っているブランドを発見!それが前述した「DXRACER」のブランドが出している製品の1つである「キングシリーズシリーズ」だったのです。

価格は、同じブランドの普通サイズと比べると高価です。

しかし、寸法が全体的に大きく、メジャーなどを使って友人に協力してもらって、もしDXRACERのキングシリーズシリーズに座ったらどうなるのかを十分検討した結果、私にぴったりであることが判明し、大盤振る舞いして購入することになりました。

止まらないワクワク

ワクワクしながら通販で注文手続きをしていると、どうやら海外から発送してもらう必要があるみたいで、注文から製品の到着まで2週間ほどかかりました。

ですが、引っ越し作業に追われながら過ごす2週間はとても早く、ようやく一段落ついたところに、DXRACERという文字が躍っている大きな段ボール箱が届きました。

さっきまでの疲れはどこかへ飛んで行ってしまい、すぐに開封と組み立ての作業に取りかかりました。

説明書には文字が書いてない?!

組み立ては簡単でした。

組み立てる部品の番号や組み立てる順序、部品の向きを分かりやすく解説している説明書がありました。

しかも、この説明書に数字と、部品の名前であるアルファベット以外の文字は無いので、英語が分からない人でも分かるように工夫されている、素晴らしい説明書でした。

私はマニュアルに沿って作業をするのが好きな人間なので、スムーズにできあがりました。

その存在感はまさに「King!」といった具合で、大きく迫力がありました。

そして座ってみると、私の身体がまるで小さくなった様に、この椅子の上ではゆったりとした余裕があります。

製品の機能について

基本から独特なものまで

次に、届いて初めてしった機能を紹介します。

もちろん、私の下調べ不足で、ちゃんと公式サイトには記載されているのですが(汗)。

椅子の高さはレバー1つで自由な高さに調節できまかくどす。

リクライニングは、本物の車のように右側の肘掛けの根元にレバーがあり、それを上に引き上げることで、背もたれの角度だけを調整できるようになっています。

次は「ゆりかごモード」について説明します。

「ゆりかごモード」とは、背もたれだけで無く座面も含めた、椅子全体が揺れる機能です。

ロッキングチェアみたいになるわけです。

これは固さが調節できます。

調節するためのネジを緩くすれば簡単に後ろに傾きます。

きつく締めればそんなに傾きません。

一番はクッション

続きまして、肘掛けを説明します。

なんと、肘掛けは高さ、前後、左右、角度の4つを調節することができます。

もう文章だけでは上手く表現できません(泣)。

これのおかげで、PC作業する時はしっかり肘を支えてくれて肩こりがなくなり、邪魔になったら一番下に下げたりして、とてもストレスなく使えます。

最後は「首と腰のクッション」です。

私が一番おすすめする、このDXRACERのゲーミングチェアの機能は「クッション」と言っても過言ではありません。

ですが、これも文章で伝えるのが難しいです。

肩こりや腰の痛みなどの悩みを持っている友人から言わせると「最高に腰や肩に負担がかからない」とのことです。

おそらくは私も、このクッションの機能によって、長時間PCの作業をしていても、身体を痛めたりすることはないのでしょう。

まとめ

PCで作業をするための椅子としては、ゲーミングチェアは高価です。

しかし、その価格に見合うほどに、身体へ対する負担がすくなく、長時間PCに向かって座っていても、特に身体に影響は出ていません。

また、ゲームをしていると、0.1秒の世界で争ったりもします。

そんなプレイヤーには必需品の椅子を、すごくない方へもおすすめいたします。